ND-Ⅲ【均一厚ソイルセメント連続壁工法】the Feature of ND

施工手順

  • 1.土留施工機により原位置の土砂とセメント系懸濁液を掘削・攪拌を行いながら所定の深さまでソイルセメント壁を造成する。
  • 2.壁内に芯材(H鋼)を所定のピッチに挿入する。
    各スパンをラップさせてソイルセメント壁を一体化する。


特長

  • 自転車のチェーンを縦にした様な駆動部で原位置の土砂とセメントミルクを掘削、撹拌を行いながらソイルセメント壁を造成します。
  • 隣地境界線or構造物より約150mmのクリアランスで施工が可能です。
土留壁の深さ 9.5m
親杭(H鋼) H鋼ウェイブ高さ
350mm以下
親杭のピッチ自由に選択できます
親杭の長さ〜9.0m
土留材の種類ソイルセメント
土留材の厚さ370mm、420mm



  • ND-I
  • ND-III

  • ND-VI
  • ND-VIの使用例1
  • ND-VIの使用例2

  • ND-VII