ND-Ⅰ【H鋼合板土留工法】the Feature of ND

施工手順

  • 1.親杭(H形鋼)と土留板を固定金物で一体にして土留施工機にセットする。
  • 2.現位置土砂を掘削・攪拌しながら土留板と親杭を所定の深さまで押し下げる。
  • 3.土留板と親杭の固定金物を外す。親杭を圧入する。このサイクルを繰り返し、所定の土留壁を地中に設置する。

特長

  • 耕運機のようなカッターでベニヤ手前下部を掘削・撹拌しつつベニアを圧入します。
  • 隣地境界線or構造物より約30mm〜50mmのクリアランスで施工が可能です。
土留壁の深さ1.2m~2.4m
親杭(H鋼) 100×100・125×125
150×150・200×100
194×150・198×99
親杭のピッチ830mm又は930mm
親杭の長さ2.5m~5.5m
土留材の種類型枠用合板
土留材の厚さ15mm~24mm



  • ND-I
  • ND-III

  • ND-VI
  • ND-VIの使用例1
  • ND-VIの使用例2

  • ND-VII