丸セパアングル  特許 第3127207号Round Separator Angle

丸セパアングルの特長

  • 1.丸セパアングルをコンクリート型枠面に平行に取り付けますので丸セパレーターの長さが一定の寸法で型枠の建込みが出来ます。(鉄筋組立の後 丸セパレーターを取付けます)
  • 2.アングル全長に75mmピッチにネジ穴が切ってあるので丸セパレーターを自由な位置に取り付けることが出来ます。
  • 3.鉄筋工、型枠工、溶接工との重複がなくなり、工期の短縮、トータルコストの削減になります。

丸セパアングルの仕様

  • 1.丸セパアングルの種類は5×40、6×50、6×65、8×65等があります。1本の長さは5.4mです。
  • 2.ネジ穴は2分5厘(5/16)3分(3/8)の二通りできます。
  • 3.ブラケットはFB-4.5×44を使用します。

丸セパアングル取り付け要領

  • 1.水平墨(アングル下端からの穴のセンターまで12mm、13mm)、躯体墨(丸セパアングル前面取付位置)の確認
  • 2.ブラケットをH鋼に溶接(水平に取付ける)
  • 3.ブラケットに丸セパアングル前面位置を出す(下げ振り、水糸を利用)
  • 4.丸セパアングルを一方向から順番に溶接をする(セパ穴、縦通りを合わせる)
  • 5.ブラケット切断(丸セパアングルより出た部分)溶接忘れ、溶接長の確認。片付ける

※安全のため、必ず内側よりサポート等で補強をおこなってください。
※長期間(半月以上)放置する場合はネジ山等が錆びますので注意をお願いします。(錆びる前にネジ山等に油をさして下さい。)



シートパイル引き抜き用ブラケット



H鋼引き抜き用ブラケット